アタ巾着バッグ(古渡更紗再現柄つき)AT3001

本体:籠部分:アタ(植物繊維)
表布地:絹100%
裏地:レーヨン100%
サイズ(約):縦:28cm、横(底部)24cm
(上部)26cm、マチ:8.5cm   
重量:約250g
開閉:紐
仕様:オープンポケット*2
日本製(籠:インドネシア製・表地:インド製 裏地・縫製:日本製)


* 一点一点手作りのため、色、サイズ、重量が多少異なる場合があります。
* 柄の出方が一点一点異なりますのでご了承下さい。






価格: 17,280 円(税込)

商品説明:アタバッグは、バリ島に自生するシダ科の植物の茎を裂いて、熟練の職人が手間ひまかけて一つ一つ編み上げています。仕上げに燻しており虫除け・防カビ・耐久性に優れております。
布:
布説明: 古渡更紗―再現柄―

17世紀前後になど日本に輸入されていたインド更紗は古渡更紗と呼ばれています。

木版を用い、判を押すように染色された色鮮やかな更紗は、異国情緒に溢れ、茶道具などの布として当時の大名や茶人達から競って求められるようになりました。

インドでは現在でも当時のままの技法が綿々と受け継がれています。

本品はタッサーシルクの生地に、それらの古渡更紗を現在に再現したものです。

柄説明:紋づくし文様  

日本の家紋にも似たこの柄は、当時の日本からインドへの輸出品の柄をアレンジして作られたと伝えられています。インド国内では流通されていなかった柄なので日本への輸出向けにデザインされたものと思われます。

facebook