古渡更紗柄の扇子BP4001

全長約21cm
開いたとき直径:約38cm 扇骨 25本 
骨:竹、布地:絹100%
中国製(生地:インド製)(企画:日本)
重量:約30g
扇子袋 タイ製 (生地:インド製)表地:絹
*染織の性質上、多少の織りムラ、節、染めムラなどが生じる場合がありますので予めご了承下さい。
*柄の出方が一点一点異なりますのでご了承下さいませ。
*お使いのモニターによって実際の色と若干異なる場合があります。






価格: 10,800 円(税込)

商品説明:17世紀前後になど日本に輸入されていたインド更紗は古渡更紗と呼ばれています。木版を用い、判を押すように染色された色鮮やかな更紗は、異国情緒に溢れ、茶道具や観賞用の布として当時の大名や茶人達にとって憧れの品となり競って求められるようになりました。インドでは現在でも当時のままの技法が綿々と受け継がれています。本品はそれらの古渡更紗を現在に再現したものです。

生地 タッサーシルク 絹糸をつくる蚕には大きく分けて家蚕と野蚕の二つがあります。タッサーシルクとはインドの野蚕の一つです。その量は家蚕の五十分の一ほどです。家蚕に比べ、繊維が太く、光沢があり、シャリ感があります。 また山繭で身を守る力があるため特に加工をしなくてもUVカットにも優れています。(94% 化研調べ)ざっくりした絹の肌触りが特徴です。

更紗の持つ味わい深い風合いと竹がマッチしています。男女兼用でご使用できます。(柄によります)

共布の扇子入れとセットになっています。

facebook