型染め更紗の名古屋帯 BN-043

表地:絹100%
芯:綿100%
サイズ(約):幅31cm*長さ385cm
重量: 約640g
日本製(生地:インド製)

*一点一点手織りのため、色、サイズ、柄の出方が多少異なる場合があります。
※お使いのモニターによって実際の色と若干異なる場合があります。





お仕立て上がり価格:88,000 円(税込)

商品説明:生地 【表地】 タッサーシルクにバティック柄を型染めしました。

タッサーシルクとはインドの野蚕の糸を紡いで作った絹の一種です。取れる量は家蚕の絹に比べ非常に希少です。繊維が太く、節があり、シャリ感があります。糸そのものの色は薄茶で不均一ゆえ自然の美しい濃淡が生まれます。野趣溢れる風合いながら絹独特の光沢があり上品さも兼ね備えています。

染め:17世紀前後になど日本に輸入されていたインド更紗は古渡更紗と呼ばれています。木版を用い、判を押すように染色された色鮮やかな更紗は、異国情緒に溢れ、茶道具や観賞用の布として当時の大名や茶人達にとって憧れの品となり競って求められるようになりました。本品はそれらの古渡更紗を型染めの技法で現在に再現したものです。

SI115D(T)

facebook